軽量なのに重厚感のある屋根材で葺き替えの施工事例のページです。吹田のリフォーム店 進和リフォームへようこそ!

プライバシーポリシーサイトマップ

吹田近辺でリフォームを行った、施工事例を掲載しております。トイレ、お風呂、キッチン、洗面、玄関、車庫、屋根瓦と、多岐に渡ってリフォーム対応が可能です。
施行事例が多い分、他社では出来ないリフォームも可能になっていますので、他社の見積もり等で満足出来なかった人は進和リフォームにお問い合わせ下さい。

トップページへ

無料お見積り、ご相談窓口

HOME 会社概要 リフォーム施工事例 リフォームのよくあるご質問 リフォーム豆知識 お客様の声 リフォームに関する無料お見積り・お問い合せ
吹田のリフォームHOME > 施工事例 > 軽量なのに重厚感のある屋根材で葺き替え
リフォーム施工事例
<< 前の施工事例へ施工事例 一覧次の施工事例へ >>

軽量なのに重厚感のある屋根材で葺き替え

BEFORE

リフォーム前
現状では雨漏れの被害が出ていませんでしたが、全面改装に伴って屋根も点検のうえ改修をご希望でした。
補修も選択肢の一つでしたが、次回の改修を大幅に先送りできるほどの耐久性は期待できないことから屋根の葺き替えになりました。
市町村 大阪市東淀川区
お客様 U様
費用
工期 2ヶ月

AFTER


軽量でありながらどっしりとした印象を得られる「ROOGA雅」という屋根材を採用。 棟や軒先のシャープなラインが建物を引き締めて見せてくれます。 また、洋風・和風問わず様々な建物にマッチします。


雨漏れの調査時は可能であれば小屋裏に入って目視するようにしています。 雨漏れ箇所が3カ所確認できました。


棟瓦を外したところ。 経年により中の土が横に広がっており、これも雨漏れを誘発するようになります。葺き替えない場合も、棟瓦の土のやり替えが必要で全体では数十万円かかってしまいます。


瓦を降ろし、土を取り除くと下地の”トントン”は穴だらけです。 瓦の裏に吹き込むような雨が降ると染み込んでいたと思われます。


下地桟補修、野地板を施工後、防水のルーフィングを敷設(写真中央)しています。写真右側では瓦を掛ける通気桟を留めつけています。通気桟は裏側に溝加工がされており、屋根の下の空気が滞留しないようになっています。


通気桟に釘で瓦を固定します。 陶器瓦のような面戸漆喰は存在しないので、メンテナンスはフリーです。それでも色は褪せてくるでしょうから、25年くらいしたら塗装した方がいいかもしれません。


同質の棟部材、換気棟を取り付けて完成です。 瓦の並びが通っている建物は本当にきれいですね。

担当者の声

化粧スレート(カラーベスト)に比べると費用は嵩みますが、建物のグレードが2ランクは違って見えます。 また、カラーベストは下地に密着していますが、瓦は下地との間に空間があるので、断熱効果もあります。
 屋根が外から見えやすい建物の屋根改修では、屋根材の形状も重要なポイントですよ。

<< 前の施工事例へ施工事例 一覧次の施工事例へ >>
外壁塗装をお考えの方へ
外壁塗装をご希望の方はこちら
初めてのリフォーム リフォームの流れをわかりやすく説明しています。
リフォームの流れが分かります。
施工事例
キッチン (16)
お風呂 (20)
トイレ (20)
洗面 (11)
外壁 (16)
屋根 (15)
外構・エクステリア・庭 (28)
玄関 (9)
廊下 (1)
階段 (3)
リビング・内装 (24)
全面改装 (7)
自然素材 (1)
バリアフリー (6)
デザインリフォーム (4)
増築 (2)
その他 (8)
ページTOPへ
HOME会社案内施工事例よくあるご質問お客様の声リフォーム豆知識お問合せ・無料お見積りリンク集プライバシーポリシーサイトマップ
大阪でリフォームをお考えなら進和リフォームへ!
Copyright (C) 2011 進和リフォーム. All Rights Reserved.